スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読書ノート第3回

食料の世界地図 第二版 (原題 The Atlas of FOOD)
著者 Erik Millstine, Tim Lang 訳者 大賀圭治 中山里見,高田直也 
出版社:丸善株式会社 2009年
4621081209.jpg

世界における食料をめぐる問題を図解入りデータでわかりやすくまとめた本。
見た目は中学の頃使ってた地理の資料集(写真が好きで授業中ずっと読んでた)を思わせる。

イギリス人の作者が世界の食料に関する問題を40のトピックに分けて豊富なデータをもとに個別に解説しているため、
日本を対象とした記述はないが、読者は世界を俯瞰的に見ることで日本を再認識することができる。
扱う問題は食料生産高に始まり、分配の問題、機械化の普及度、農薬・化学肥料、土地所有権、
有機農業、貿易、補助金、バイオ燃料、外食産業、影響力を増す小売の実態などなど、
地図とグラフを使って一つ一つストーリーのある物語のように読んでいける。

トピックは一つずつ解説されているが、それぞれは相互に複雑に絡み合っている問題なので
一つの問題を解決しようとすると、もう一つの問題が悪化するようなこともあり農業食糧問題は複雑怪奇。
しかし、まぁ双方が納得できる落とし所というか、均衡点みたいなところは見えてくるのでそれをビジョンにすることが必要なのだ。
(まぁその均衡点が人によって違うから議会が紛糾するんだけど)


食料農業問題に関して一番厄介なのが、フードサプライチェーンの複雑化だ。
生産者と消費者との距離の拡大は、消費者から想像力を奪い、購入する際の基準を安さ、見慣れたブランドなど表面的なものに単純化させてしまう。
長く、複雑なフードサプライチェーンは、いずれ枯渇する石油に依存した仕組みによって成り立っている。
石油なしには、灌漑、肥料、農薬、船舶、トラックの利用は出来ず、長いフードサプライチェーンは持続的な農業とは程遠いものだ。
我々はスーパーで海外から季節外れの野菜を買ったり、厳しい規格と品質管理された商品を手に入れることができるが、
それは持続的な農業を推奨しない(形だけの表面的なアピールはしてるかもね!)小売業者の影響力を増すことにつながる。
厳しい契約とルール、スケールメリットを生かした物流網と在庫管理で効率化を最大化し、相対的にエネルギーの利用を低くすることに成功しているが、
地産地消や有機農業に化石エネルギー利用の絶対量ではかなわない。

現在大手小売業はプライベートブランドによって加工業者を完全な管理下に置き、利益を絞りとることに腐心している。
フードサプライチェーンの多くの段階の寡占化は、今の石油に依存した流通システムをますます強固にする。それによる危険性は用意に想像できるだろう。
彼らは化石燃料が利用できなくなるまで今の経済活動を続けるだろう。(石油の枯渇という単純なものではなく、従来より深い地層からの掘削による費用と価格の高騰、環境負荷の高い油井の利用までもが限界がくるまで続く。
その結果として、2010年ディープウォーター・ホライズンは原油流出事故を起こし、さらにカナダのオイルサンド(原油を含む砂)など環境負荷が高い油井に手が伸びている。経済コストに環境への影響が反映されていないから)
p.86ページには世界の小売チェーンの上位10社ランキング(2007年)が載っている。
一位はウォルマート、二位はカルフール、3位のテスコは聞いたことないがイギリスの会社らしい。セブンアンドアイは9位にランクイン。

1_20110921134315.jpg
「ウォルマート従業員の給料なんてタダみたいなもんだぜ」
いや、それも問題だけど、今はそういうことではなく。

しかし、小売業者ばかりを槍玉に上げるのも冷静な議論ではない。
地産地消の話をしたが、それが
「地産地消がすべてを解決する答えなんだ、地産地消!石油を無駄に使って遠くから運んだ野菜なんか食べません。国産しか食べません。」という運動も
「なんだよそれ、バイアメリカン法かよ、きれいごと並べても結局ブロック経済じゃねーか、非関税障壁じゃねーか、先進国はいつも自分勝手だな」という
農産物の輸出で国を豊かにしたい途上国の発展する権利を奪うような後ろめたさも感じる。
(でもその国が、日本より階級格差が露骨で、日本が農産物を輸入しても利益は農民に還元されない政治体制だったら意味ないんじゃ)
(それはあるけど、だから輸入しないってのが正当化されるのか。輸入やめたら農民が今よりもっとひどい状態になるだけだよ)
(そもそも、一番儲かるのは農場を仕切ってるドールやデルモンテみたいな先進国のグローバル企業だったりね)
……etc


じゃあ有機農業!有機農業なら文句ないでしょ!ほらこの野菜は鶏糞堆肥で作ったんだよ。
(その鶏が食ってた飼料はアメリカから輸入したトウモロコシだけどね。で、そのとうもろこしは作られてる農場ではこれだけ農薬と化学肥料を使っててね、
水は地下水をポンプでこれだけ引き上げて使っててね、そのせいで地下水の枯渇が問題になっててね、日本に運ぶためにはこれだけの石油を使っててね………
それでも国産飼料だったらその値段でその野菜は作れてないよと。)飼料米?飼料米はいいね。補助金で支えながらもある程度飼料を国内で作ったほうがいいよね。バランスの問題だけど。

世界はこれだけ複雑に繋がってて、ひとつの答えですべて解決することはなく、
地球規模のフードシステムにかかる圧力は特定の方向からではなく、常に変化している。
しかし強固に見えるフードシステムも今やそれほど強固ではない。
フェアトレードやお気に入りの生産者を買い支えること、また不買運動などは小規模ながら影響力を増してきている。(花王不買継続中!)
想像力を働かせて、自分の購入したもの、支持するものがどんな影響を与えているのか考えて行動する必要がある。
そういう自分も、食品とPCパーツ以外の分野だととたんに想像する努力を放棄してしまう。今自分が履いてるこのユニクロのズボンがこないだ週間文春が書いたようなひどい労働環境の中国工場で作られ、
そもそも原料の綿花を栽培しているウイグルの綿花農場ではね…みたいなところに想像が及ばず、安いから買っちゃう。
あーでもパタゴニアは買わないけどね。


この本は読む所が多く、手元において煮詰まった時とかに引っ張り出して眺めたい本だ。
期日までには高岡中央図書館に返すけれども。
雨が降って稲刈りの予定が潰れると残念だが、本をレビューする時間もできるのでこれも悪くない。
スポンサーサイト

読書ノート 第2回「農業で稼ぐ!経済学」

5.jpg
農業で稼ぐ!経済学
--浅川芳裕(著),飯田泰之(著) --PHP研究所 --201107
この本は日本の農業に対する悲観論を見直し、
先進的な農家経営で農家がより豊かになる方法を提示した、3.11以降に出版された本である。


農水省のホームページを見ても3.11以降の農業の将来ビジョンが更新されないままの現状で、
日本農業のこれからに対する1つの答えを出してくれるのではないかと思い、思わず手にとった1冊(中央図書館で借りた)
(農水省の政策ビジョンが更新されてない?お前の探し方が悪いんだよここに書いてあるだろ!というご指摘ありましたらコメント欄にURLくださいませ)
---------------------------

本書は大きく3つの内容に分けることができる。
1.日本農業悲観論に対する反論(1章2章3章)
2.先進的な農家・農業法人の実例を交えた農家経営の分析(4章5章6章)
3.3.11以降のビジョン(7章)

1.日本農業悲観論に対する反論の部分では、
「高齢化」「後継者不足」「耕作放棄地の増加」「先進国最低レベルの食料自給率」といった一連の負のキーワードに対して、
これは統計上のまやかしであり、実態を反映したものではないと反論している。
たとえば、「高齢化」に対しては、農水省が定める農家の定義「農地10アール以上、もしくは年間売上15万円以上の世帯」が
定年した年金生活の自給的農家や、たまたま実家に農地があり家庭菜園をやっているような層も含み、
農業の生産に寄与しないこれら農家によって底上げされている年齢であり、問題はないとしている。(このような年間売上100万円以下の自給的・零細・副業的農家が全農家戸数の5割を占める)

また、売上1000万円以上の販売農家や有料農業法人では、高齢化や後継者不足とは無縁であることも挙げている。

---------
「自給率」に対してはカロリーベース出される自給率からくりや、日本への食料禁輸措置や世界食料危機のリスクを唱える意見に対して反論をしている。
禁輸措置に関しては、過去にカーター政権のアメリカがソ連に対し食料の禁輸措置を行ったが、
カナダ、オーストラリア、アルゼンチンなどが商機として食料を輸出していた歴史や
その後禁輸解除を公約にしたレーガンが次の大統領選挙で当選したことなどから、
国策であっても自国の農家の商売や他国の輸出を長期間じゃましたりすることは現実的には不可能な話だと主張している。
さらに現在の日本の食料輸入国は友好的な先進国ばかりで、外交リスクも少ないと指摘している。
 食糧危機に陥る可能性に関しては、日本は北米、南米、オーストラリアなど北半球から南半球まで広い範囲から輸入しており
その広い地域が同時に不作に見舞われることは考えにくいとしている。
 この本には書いてなかったが、仮にそのような世界食料危機が起きて、食料、石油(耕作機械燃料、化学肥料、輸送燃料)が困窮する自体になっても
それに対応するマニュアルが農水省にはあり、米とイモが中心の食事になるが、毎日2020kcalの食事は確保できる試算がなされている。
http://www.maff.go.jp/j/zyukyu/anpo/pdf/pall.pdf

国産なら安全という信仰や農産物直売所の安全性にも疑問を投げかけている。
家庭菜園や零細農家の肥培管理はいい加減で、農薬も化成肥料も与えすぎていることが多く、
残留農薬など検疫が行われないまま出荷されている直売所野菜が、イメージ先行でもてはやされている現状は危険だと指摘する。


TPPに関しても反対する理由はないとしている。
すでに関税が低くでほぼ自由化されている野菜や花卉は、TPPへの参加でアメリカなどの他国の関税を引き下げさせることで
輸出機会が増えるとし、
米などは安いインディカ米が入って来ても外食産業に多少食い込むくらいで、個人消費は食味の良い国産米が中心で、輸入による影響はないだろうとしている。
現在の円高水準を軽くスルーしているような主張だが、筆者によると為替レートの影響はないという。
筆者は産業構造の大きく違う国と取引することでWINWINの関係になると説明している。
言いたいことはわかるが、それならTPPじゃなくて産業構造の違う国を選んで進めている現状のFTAでいいし、
ドル円76円の水準でまた下値ブレイクする予感ピリピリなのに、筆者が言うほど野菜や花卉に輸出競争力があるのかわからない。
特に原発の実害・風評被害でメタメタな今の時期に。

---------------
2.先進的な農家・農業法人の実例を交えた農家経営の分析の部分では
ITの活用によるコスト削減や徹底した管理の事例を紹介している。ドラッカーの有名な問いかけ「あなたの顧客はだれですか?」を引用し
消費者を想定せず、ただ水稲や転作作物を作っている農家を批判し、マーケティングの重要性とバランスシートで経営を分析することを推奨している。
また例として、反収10万円の一般的な農地を、貸し農園にして1反(10a)を20区画に分けて1区画5万円で貸し出し
自分は先生として指導をするという体験農園で反収100万円を達成するという、作物を作る以外のやり方があることを紹介している。
ただ、個人的には1区画50㎡の農地を5万で借りる人がいるとは思えないのだが。都会なら成立するのかこの皮算用?
ちなみに我が交流センターの里山農園では1区画約80㎡を年間1万円で貸し出しております。なんて良心的!(http://www.senmaike.net/satoyama/nouen/index.html)

--------------------
3. 3.11以降のビジョンでは
チェルノブイリがあった旧ソ連ウクライナの復活に学べとして、世界有数の小麦輸出国に復活したウクライナの例を取り上げている。
ウクライナのように、国際社会に農地の実態を開示し、除染作業の計画を発表し、
第三者機関による調査を受け入れいち早く信頼を回復することが必要だと述べ、現在の政府の杜撰な対応を批判している。
そして、自然リスクを緩和するためコメの先物市場を導入するべきだとも述べている。
さらに、TPPに参加し、自由放任の政策を取るべきだとしながらも、
農家の自立を促すサポートやシステム作り行う必要があると述べ、まとめとしている。


-------------
本書は3.11以降に出版された本であり、本文もそれに伴い加筆修正したと書かれているが、
3.11前から続く農業自由化論者の意見以上の新しい意見は見いだせなかった。
自分も3.11前までは農業保護論調には反対で、筆者の意見に同調していた部分も多かったのだが、
最近ではかなり迷いが生じてきている。


次回は反TPPの立場から書かれた「反TPPの農業再建論 田代洋一著」(これも3.11以降に書かれた本)を紹介します。

テーマ : 田舎暮らし日記
ジャンル : ライフ

読書ノート 第1回「世界の村おこし・町づくり」

4061490354_image.jpg
世界の村おこし・町づくり 
--渡辺明次著 --講談社現代新書 --1991

1991年に書かれたこの新書は、アメリカとヨーロッパの田舎の町おこしの例を取り上げ、分析したもので、
20年経った今読んでも古さを感じないものだったので、ちょっと紹介。富山大学高岡キャンパス図書館にて発見した本。

本書ではアメリカとヨーロッパの町づくりの実例を紹介しているが、
アメリカの例は、大規模開発的なところも多く、日本の農村的には参考にならなかったのだが
唯一、シェークスピア劇場で村おこしに成功したオレゴン州アッシュランドの例をさらっと紹介する。


大都市ポートランドから車で四時間のこの町は、80年代には9000人程度の特徴のない小さい町であったが
アメリカ一のシェークスピア演劇の町として年間28万人の旅行客を集めるまでに成長した。
1920年代に小さな村芝居から始まり、婦人会や演劇を専門とする大学教授の協力を得て現在の規模まで発展を遂げた。
ここのシェークスピア劇は時代にあわせて変化した演出は一切なく、原典に忠実であることを売りにしている。
16世紀当時の本物のシェークスピア劇を見られるということが話題になり人気になった。
loves-labor_wide.jpg
屋外劇場の写真

この劇は2月から10月まで毎日上演されている点が需要なポイントであると著者は述べる。
劇は毎日行われ、毎日がお祭りである。そのため年間を通じて雇用が生まれ、定住者に必要な収入が確保できる。
年間を通じてお客が来るので、ホテルやレストラン、近場の河を使ったアトラクションなども発展し、
劇単体の観覧料よりも、サービス業の収益のほうが大きくなった。

伝統的な祭りや映画祭など日本も多くイベントを行っているが、
これはせいぜい3日から5日程度の雇用しか生み出さないので、短期間で10万人を集めようと50万人を集めようと、町おこし効果は薄い。
日本(?)で言えば東京ディズニーランド型のやり方が一番答えに近いと自分は感じた。
ただ、このアッシュランドの土地とシェークスピアの間の歴史的関係は無いといえる。
町の歴史や伝統を使った町おこし以外は邪道という批判がでるかもしれないが、
この町の新しい歴史が生まれていると見れば、とやかく批判することでもないと思う。

----------------------

次はドイツのワイン造りが有名なベルンカステル村の例を紹介する。
ベルンカステル村は人口7000人のV字谷の村で、ぶどう栽培とモーゼルワイン(モーゼル河で作られるワイン)が有名なむらである。
歴史あるぶどう作りの村だが、栽培条件はあまり恵まれていない。
気候的にも緯度が高く、川沿いのV字谷の人が立てないような急斜面の土地を利用しているため
労働がきつく、機会化にもお金がかかる。
さらに土壌も深いところで1mしかなく、浅いところでは50cm掘ると岩盤にぶつかるという土地柄である。
Mosel-bei-Bernkastel-Kues.jpg ファイルZell-Mosel2
{ベルンカステル村 ぶどう農場}

しかしこのV字谷で反射する光と温かい空気が滞留する構造によって、長年高品質のぶどうを作ることができた。
DateiRiesling grapes leaves
{ベルンカステル村のぶどう。このあと白ワインになる。}

そのためここのワインは人気が高く、まずまずの収入を村にもたらしていたが、
世界のワインの生産過剰から、農家とワイン生産組合の収入は減少。
農家の収入は年間150万~200万程度。多くが兼業農家になった。


このような情勢を受けて、ベルンカステル村はワイン製造業から観光業に力をいれるようになった。
といっても大きなホテルを建てたり新しい名所を作ったわけではなく、
民宿を整備したり、観光客向けのレストランを整備したり、ワイン資料館を作ったりといった、観光客を受け入れる体制を整える小さな取り組みが主である。
ベルンカステル村はのどかなブドウ畑と、散歩ができるモーゼル河以外の、これといった名所はないが、
このような受け入れ態勢の充実によってフランスからのバカンス客を呼び込むことに成功した。
さらにリハビリ病院と老人ホームを作り、老年期を過ごす人々を呼びこむことにも成功した。
ワインが不振になったからといって、ワイン造りから撤退するのではなく、
今ある資源を再評価して町おこしを行い成功した例である。

他にもイギリスのウェールズ地方のある村では、昔は主産業であったフランネル繊維業を、化学繊維の台頭の影響で廃止することなく、
伝統的なヴィクトリア朝時代のデザインの洋服を作ることでローラアシュレイ(1953年創業)というアパレル企業を作り、
今でもフランネル繊維を使った洋服を作り、多くのファンを抱えるまでに成長し、フランネル繊維業はこの村の主産業で在り続けている。


筆者は最後に日本の村・町の町おこしについて述べている。
筆者いわく、日本の町おこしは山もあり川もあり海もある自然資源を使った、自然軸によって発展することが日本の町づくりの基本姿勢であるべきだという。
また、自然災害が少なく古くからの街並みが残るヨーロッパとは異なり、日本は地震や台風、洪水といった無常の国土であることを指摘し、
地域の自然資源の再発見を通して、町おこしの種を見つけていくことが、日本流町おこしのプロセスであると述べて結論としている。




--------
追記・カブトムシの配布は大盛況のうちに終了しました。
連絡があった欲しい人にはだいたい配り終え、現在はメスがわずかに残る程度です。
私の家の前のカブトムシ飼育場もだいぶ深く掘らなければ出てこない状況で、残ったわずかなメスは頭川の山に返す予定でいます。
ありがとうございました。

テーマ : 田舎暮らし日記
ジャンル : ライフ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。