スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国吉活性化センター 田植え

4月下旬、あぜの草刈りを行います。草刈りはナイロン紐の刈払い機で田んぼに草を入れないような方向を考えながら刈っていきます。
草刈り作業は労働集約的な仕事なので、人が多ければ多いほどはかどります。人海戦術ドクトリン。
P1030674.jpg

育苗は伊東さんと和田さんがしっかりと管理してくれています。11棟もあるので管理も大変です。
P1030691.jpg P1030693.jpg P1030694.jpg



田植えの前に代かきを行います。水を入れた田んぼをハーローをつけたトラクターでゆっくり回っていきます。
荒起しのときとは異なり4メートル近いハーローで起こすので運転の難易度は高く、畦際コンクリートの近くなどはかなり神経を使いました。
代かきは1周では不十分なので最低2週まわってとろとろにしていきます。
土を高いところから低いところへ引っ張りながらまわり、田んぼを平らにすることも心がけます。

代かきから中二日以上置いてから田植えに入ります。あまり日をおくと地面が硬くなってしまうので田植えの日程と調整をしながらやります。
IMG_0111.jpg


--------
活性化センターの田植えはゴールデンウィークに頭川(滝ノ谷内)から始まり、不燃物処理場に向かう道沿いの境、江道と続き(ここまで早生てんたかく)
佐加野(ローソンの通り沿い)→岩坪(国沢アルミ裏)→岩坪(高速道路沿い)→岩坪(アクアパレス前)→岩坪工業団地→細池→頭川の残りと答野島の一部、という流れで行いました。
田植えと代かきの同時進行で作業を進めていきますが、田植えのほうが速いので、代かきに追いついてしまうと、
全日代かきを3台のトラクターで行い、中2日ほど置いてから田植えを行います。

P1030698.jpg
P1030701.jpg
てんたかくを植え終わったのが10日、コシヒカリは25日に終わりました。


除草剤は協友アグリ株式会社のピラクロン、苗箱殺菌剤はバイエルのルーチンアドスピノを使用。
どちらも同じサイズの1kg袋なので、うっかり間違って除草剤を苗箱にかけたら大変なことになります。
P1030707.jpg IMG_0112.jpg

イセキの8条植え田植機の様子。

田植えで恐ろしいのは、極端に沈むような箇所を把握していないと、ズッポリとハマって動けなくなり、軽トラにロープつないで引っ張るような事態になることです。能率も落ちるし、肥料排出口も泥で詰ります。


IMG_0136.jpg
終わったあとはトラクターも田植え機もキチンと掃除をして終わります。特に田植機は肥料の排出の部分を掃除せず一晩置くと、夜露で肥料がベタベタになり、肥料を詰りを起こして仕事にならなくなります。
--------------------------
23日は小矢部川のウグイをいただきました。
今回は臓物などは別途用意したバケツにいれ、生ゴミとして処分しました。<(_ _)>
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。