スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

頭川神社で賽銭泥棒

朝6時から準備をした里山交流センターのイベント「穂先タケノコバーベキュー」も無事終わりほっとしていたところに、
頭川神社に賽銭泥棒が入ったという知らせが飛び込んできた。
吉野さんと現場に向かうと、賽銭箱が忽然と消えており、本堂の扉が開け放たれていた。
P1020568.jpg P1020569.jpg

本堂の扉と賽銭箱の鍵は両方をロックする仕掛けになっているため、賽銭箱のみを持ち去ることはできない仕様。
鍵は金属を切るプロ仕様の工具で切断されていた。
P1020571.jpg

しかし話を聞くと賽銭箱を盗られたわけではないらしい。
本堂の中に横倒しになった賽銭箱と散らばったままの小銭が見つかったからだ。
外でガサゴソやるのは目立ちすぎるからなのか、本堂の中で中身だけ漁ったようだ。
P1020573.jpg
残っていたのは100円未満の小銭ばかり。
紙幣と100円以上の硬貨を選んで盗っていったようだ。
なぜそんなことをするのか理解に苦しむところである。
ネジ切りレンチを持ってきたのに、小銭を入れる袋を持ってこなかった?そんなばかな。
(残された小銭は数えたら1000円以上ありました)

国吉駐在所の頼りになるじんだはん平野さんを呼んで現場検証。
P1020578.jpg P1020582.jpg
平野さんの話によると、真光寺などの近所の寺社でも似たような事件が起きているという。
最近頭川凧の湯でも白昼堂々、車上荒らしがあったばかりであり、住民に不安が広がっている。

頭川を騒がす犯人には、幽霊トンネルで名高い頭川トンネルに一晩放置の刑がお似合いだ。
頭川トンネル http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/48/32/af39b40801aa7955d6830321e1908c10.jpg (真昼の心霊散歩PLUS)
スポンサーサイト

テーマ : 田舎暮らし日記
ジャンル : ライフ

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。