スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

獅子舞

10月8日、9日行われた頭川の獅子舞は古くから行われてきた有名な獅子舞です。(富山県の獅子舞100選に選ばれている)
関東では獅子舞自体、関東では一般的なものではないため、夜の練習に参加して獅子の実物を見るまでは
一人でやる「かぶり獅子」タイプを想像していました。
しかし、頭川の獅子舞は担ぎ獅子と呼ばれるタイプで、演じるのに5人(獅子頭1人、かや4人)がかりで行われます。
担ぎ獅子の種類には黒くツノがある雄獅子とツノなしの雌獅子があり、ここの獅子は雄獅子。非常に重く、7kgくらいあります。

自分は2週間前から夜の練習に参加して、当日までにスコテンを覚えました。
(笛と太鼓のメロディーは異国の音楽のようで、リズムをつかむのは一苦労でした)

---------------------
P1040207.jpg             P1040209.jpg
朝8時、スタートとなる頭川神社にむかう   舞いながら宮の階段をのぼる

P1040220.jpg
お参りのあと、最初の獅子舞

P1040228.jpg P1040229.jpg

-------------------------
P1040233.jpg
神社の次は常情寺

このあとカントリーエレベーターにいったあと、頭川93軒をまわる長い道のりがスタートしました。

P1040278.jpg  P1040281.jpg
ご当家として獅子をお迎えしたあと、自ら獅子舞の頭をやる。
写真は悠遊会の篠田さんと農業水産課の有栖さん。

いきなり草履踏んで焦ったり、足がふらふらだったり、獅子頭が下がってたり、結構はずかしい。

P1040286.jpg P1040287.jpg
全部の家を回り切ったのは午前3時。
その後、日が昇ると神社でクライマックスとなる獅子殺しをやり、各家の悪いものを食べつくした獅子は役割を終えて倒された。
獅子舞の日は県外に出ている若い人達も帰ってくる特別な日。
こういうつながりがあるのは素晴らしいですね。
スポンサーサイト

Comment

No title

ま~くん お疲れ様でした!
頭川に生まれ育っても 獅子に関わらない人も居る中
よくぞ トライしてくれた!エライっ!
(させられた・・可能性が高いのは 重々承知(笑))
私は子供の頃 ずっと獅子舞で男天狗をしたかった・・・(涙)
武司さんに「そのうちチンチンが生えてきたら出来る」と言われて
ずっと信じてたのよ・・・(笑)
今度は、嫁をもらって「花」を打てるようになると いいね~!!

No title

男天狗、女天狗、笛、太鼓、獅子といろいろあってすごいですよね。
男天狗の獅子殺しのときの鈴の音で獅子を釣る頭脳プレーは見てて笑ってしまいました。あと女天狗って女性がやるのかと思っていました。

獅子頭はほんとに重くて、練習に参加したころは腕がキツくて、本番までにスコテンできるようになるのか不安だったのですが、
本番にはぎこちないですが出来るようになって、よかったです。
あさ3時に終わったときはふらふらでクタクタでしたが、やり遂げたという達成感がありました。
来年もまた参加したいです!

地元高崎では祭りのために県外に出ている人が帰ってくるなんて、まずありえないので、
頭川の獅子舞には人のつながりの強さみたいなものを感じました。すごいことだと思います。

No title

来年もやりたいというフレーズ!率直にうれしいよっ!
少ない人手の中 即戦力となってくれて みんな喜んでました。
頭川の濃~い人間関係の 源は まさに祭りだから
ま~くんも 頭川色になってきたんかね?
うれしいよっ!!

動画で確認したけど 確かにまだまだ ぎこちない(笑)
でも、ちゃんと獅子舞としては 成立してるさ!
デビュー一年目は みんなあんなもんさ(笑)
今度 昔の獅子舞の名手達の獅子のビデオ見せてあげるね!

どんな祭りだって 祭りの為に燃える男って素敵だと思う!!
ま~くんも彼女が出来たら ぜひ見せてあげてね♪
また実家のご家族にもね!
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。